FC2ブログ
2008.09.15 小説
三連休ですが、どこにも行ってないなー。
かなりの暇人。

亀事もなんにもないしな。。。
勉強しろよってカンジだけど。笑”

なんもネタないから、妄想して、小説書く日にしよ。

ひとみサンから、以前リクエストもらってたので、完成しましたー。

続きを読むからどうぞ。

もしよかったら、読んでくださったかた、感想コメお待ちしてますー☆

最初は読みきりのつもりで書いたんだけど、思いのほか長くなったので
3話くらいに分けたいと思います。

名前は、リクエストしてくれたひとみサンの名前になってます。

どうぞ、お楽しみください♪




                       ロミオとジュリエット


                                      <1話>

【和也Said】


今日8月5日、6月から始まった全国ツアーの最終日。

自然と気合が入る。

開演2時間前、俺は軽いアップのために、赤西と会場の裏に出た。




「やめてください!!」




・・・??
倉庫の裏の方から女の子の叫ぶ声が聞こえた。

「なぁ・・・。聞こえた?」
俺は赤西に今聞こえた声について尋ねた。
「亀も・・・?なんか、ヤバそうな雰囲気じゃね?」

俺たちはさっき聞こえた声のする、倉庫のうらを探した。


「やめて!!離して!!きゃーーー!!」


そこには高校生くらいの女の子が一人、がっちりとした体型の男二人に腕を掴まれ、
涙を流しながら必死に抵抗している。

「ねぇ・・・。そんなに拒否んなくてもいいんじゃないの?」
男が怪しい笑みを浮かべる。

「いやッ・・・」
女の子は抵抗することに疲れてきたようだ。







「おい!!お前らなにしてんだよ!!」
俺たちは男の腕を女の子から離した。

「亀梨と、赤西かよ!!」
俺らに気づいた男達はその場からすぐに逃げていった。

「大丈夫??怪我とかしてない??」
俺は女の子に傷がないことにホッとしながら、優しく聞いた。

「・・・・・。」
女の子はまだ放心状態でうまく話ができない。

俺たちは女の子が落ち着くまで待っていた。
やっと落ち着いてきたのか、呼吸もゆっくりになって、涙は止まっていた。

「・・・・。チケットあまってない?ってしつこく聞かれて・・・。
あまりにもしつこかったから、ウザイと思って、拒否したら・・・。
相手が逆ギレしてきて・・・。腕を掴まれて・・・。」

女の子は思い出すようにポツリポツリと俺たちに話してくれた。

「そっか・・・。怖かったよな・・・。もう大丈夫?」
赤西も、心配そうに聞く。


俺は、女の子のカバンの中から俺の内輪を見つけた。
「俺のファンなの?(笑)」

「えっ!?あっ・・・!!亀梨くん!?と赤西くん!?」
「そうだよ(笑)」(←ココ、仁亀そろって!!笑”)

あれ・・・?もしかして、この子、放心状態で俺らってこと気づいてなかった・・・?(笑)
まぁ、思ってみれば凄い状況なわけだよな。
目の前にKAT-TUNの亀梨和也と赤西仁がいるんだから。
ましてや、俺らのファンでしょ??(笑)

「あっ・・・。ありがとうございました!!助けてくださって・・・。」

「もう大丈夫??なんか、元気になったみたいだし(笑)」
「っはい!!もう元気です!!ありがとうございました・・・!!」


「赤西、もうそろそろ時間!またスタッフさんに怒られるから!!」
「やべぇっ」

「じゃあ、コンサート、楽しんでね☆」

俺たちは、女の子に別れを告げその場を去って、会場に急いだ。




俺はその時すでに、ひとみに惹かれてたかもしれない。




午後6時

キャーーーーー!!

5万5000人の歓声とともに、TABOOのイントロが流れる。

そして、俺はこのなかにあの女の子の笑顔をさがした。
スポンサーサイト



Secret