上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おひさしぶりです。
misaです。


私も強い揺れを感じましたが、無事でいます。
内陸に住んでいるために津波は大丈夫だったので、避難せずにいました。
心配してメールを下さったかた、ありがとうございました。


私は岩手県の内陸県南地域に住んでいます。
津波の被害が大きかった、陸前高田市や大船渡市から車で30分~40分くらいの所です。
私の所でも、詳しい震度は分かりませんが震度6強(?)を観測するくらいの大きな揺れが起きました。

私は地震発生当時は自宅の2階にいました。
机の下に隠れる余裕はなくて、すぐに階段を下りて玄関から外に逃げました。
私の家は築何十年となっている家なので倒壊の危険があるとおもったからです。

発生からしばらくしても強い揺れはおさまらず、強い余震も続いていました。
電気、水、ガスなどのライフラインは全て止まってしまいました。
しばらくしてから水、ガスは復旧したものの、発生から4日間は停電していました。

気温は夜になると氷点下になり、雪も降り出してとても寒かったです。
近所から借りてきた練炭と、ストーブで暖をとっていました。

夜は余震が続くので何度も目が覚めてあまり寝れませんでした。

内陸部では電気、ガス、水などのライフラインは完全復旧してきています。
しかし、津波の被害が大きかった沿岸部では今も大変な状況が続いています。



同じ岩手県として、ずぐ近くの皆さんが大変な被害にあっている
状況を目の当たりにして、とても胸が痛くなります。

陸前高田や気仙沼は近いので、よく海水浴などに出かけていた街です。
跡形もなくなっているのは、本当に残念だし、悲しいです。


そこで、私ができることとして、今の岩手の状況をこうやって伝えていきたいと思います。




現在、岩手県では雪が積もっていて最高気温はプラスの2度から4度です。
とても寒い状態です。
被災地では、ストーブの灯油が不足しています。

実際、私の家でも、もう残り少ない状態になっています。

とても寒い状態のなかを乗り切る為には必要です。

また、毛布も不足しています。


暖をとれる温かくできるものを救援物資として送ってやってください。



現在、内陸から沿岸地域に救援物資を送る準備がされています。
しかし、ガソリンの不足によりトラックで運ぶのが大変になっています。

私の家でもガソリンが不足していて、食料の買出しにも行けない状態。
また、スーパーなどでも物資が入ってこないために、物がない状態です。
内陸部でも物資が不足しているため、沿岸に送る分が足りないです。


また、津波の影響などで怪我をしたかたが、盛岡の病院などに運ばれています。

薬を運搬するトラックのガソリンがないこと、
本部がある仙台などの薬品会社がストップしているために、
盛岡にも薬が入ってきていないそうです。

病院食の備蓄も残りわずかだそうです。


沿岸はもちろん、内陸にも

燃料の不足が著しいです。




燃料の不足によって物資が運べない状態にあるので、
一つのおにぎりや、バナナを4等分していたりと、
満足な食事が出来ていない方もいらっしゃいます。



私の親戚が仙台にいるのですが、避難していて、
食料が届いたと思ったら、「バナナを4等分して食べた」と連絡を貰いました。
そいいう人たちがまだたくさんいます。

とにかく、

燃料の補給を迅速にお願いします。



それと、私達が出来ることとして、

節電は引き続きやっていきましょう

首都圏などで食料の買占めが起きていますが、
そのために被災地に物資が届かなくなってはこまります。

買占めはやめてください



ジャニWEBでKAT-TUNや仁からもメッセージがあって、
とっても嬉しかったです。

きっと、その思いは東北のみなさん、今回の地震の被害にあったみなさんに
届くと思いますよ。

私に出来ることを・・と節電をしたり、募金をしてくださっているみなさん、
心配しているみなさん、

一人ひとりの思いやりは、被災しているかたの励みになると思います。


ひとつになろう

頑張りましょう
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。