上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.25 6人


最初にツアーのことを知って、自分の気持ちをブログに書こうと思ったんだけど、
なんかいろんな気持ちがあって・・・自分でもどう思っているのが本当なのか分からなくて・・。

しばらく混乱してました。
複雑な気持ちだったの。

複雑な気持ちのまま文章を書いても、まとまらない言葉の中でいろんな誤解を生んでしまうのかな
って思ったので、ちょっと冷静になった今、あたしの今の気持ちを書こうと思います。





正直、初めは素直にこのツアーの事を喜べませんでした。



去年は、東京ドームも夏のツアーも参加できなくて、悔しい思いをしていたのは確か。
だから今年は絶対に参加したいなって思ってた。
ツアーの発表も、早くあればいいのにって願ってた。


でも、あたしが望んでたのは「6人のKAT-TUN」なんだよね。





アジアツアーも、仁のロス公演も、本当にすごいと思う。
やっぱりこれは、彼らが一歩ずつ歩んできた成果であって、結果だと思うから。
これに関しては、純粋に嬉しい。

あたしは友&仁に参加してないし、実際に見たわけじゃないけど、
仁のパフォーマンスは認められるべきものだと思う。

日本だけじゃなく、世界に発信していっても強い何かが得られるものだと思う。
せっかく向こうの方がオファーしてくださってて・・。
こんなにすごいことってないし、仁だからだと思うんだよね。
だから、「行かないで」ってあたしにとめる事はできない。

むしろ、頑張ってほしい。
せっかくつかんだチャンスだもん。





でもね、まさかまた5人の歌を聞くことになるなんて思ってなかった。

もうこの先ないことだと思ってたのは、あたしだけじゃないよね・・??

しかも「半年間」も。




あの時とは状況も、環境も違うことは分かってる。
何もかも不透明で何を信じればいいのかもわからなかったあの時・・。
でも今は、目的がはっきりしてるし、なによりKAT-TUNもあたし達も成長してるんだもん。

たとえ拠点を向こうに移したとしても、
仁の中に「KAT-TUNが原点」であることは変わらないと思うし。

ファンの事を思ってない訳じゃないことは分かってる。



寂しい気持ちとか、不安とか、無いって言ったら嘘になるし、
全部理解できたかって言われたら、まだ複雑な気持ちであることは変わらない。





でも、あたし達に出来る事は「応援すること」「信じる事」くらいしか出来ないんじゃないかと。


KAT-TUNであることは変わらないし、あたしの応援する気持ちが変わる訳でもないし、
好きな気持ちも変わらない。



好きだからこそ、ファンだからこそ応援していく強さもあるんじゃないかと。




予想していなかったことだけに、衝撃は大きかったけど、


その分、やれてることも大きい事だと思う。
KAT-TUNだから出来てる部分も大きいと思うんだよね。
本当に彼らのことが尊敬するし、大好きだなって思いました。



6人のKAT-TUNが大好きだから。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。