FC2ブログ
2012.02.10

やっぱり、自分の気持ちを素直に残しておきたいからブログに書きます。


仁は自分の言葉にするのが苦手で、
でもそのぶんあたしたちにはちゃんとメッセージを伝えてくれてたと思ってるよ。

ちゃんと仁のメッセージに耳を傾ければ、仁はいつだってファンに伝えようとしてくれてたと思ってる。
ファンミのときに握手会をしたかったけどお見送りになったとかね。

だから、あたしは仁が伝えたことだけを信じようって思ってきた。
それは留学のあの時から。
誰が流したのかもわからない、嘘か本当かも定かでない噂ばかりが飛び回って、
何を信じていいのかわからなかったあのとき、
仁は「自分から発せられるものだけを信じて欲しい」って言ったから。

脱退報道が流れたときも、会見はなかったけどマニュアルでの仁の言葉を信じようと思ったし。
直前まで「脱退はない」って言ってたのだって嘘じゃないと思ってる。
結果的にそうなってしまったのであって。

だから、今回の結婚のことだって、交際の報道がされた時から、仁の言葉を待とうって思ってたの。
公式発表された後はわりとすんなり自分の中で納得できたけど、
やっぱりその前は「ほんとなの?」って受け入れられなかったかな。

留学の時も、脱退の時も、現実のことなのかわからないような感覚があったんだけど、
今回もまさにそんな感じかな。
仁が結婚して、こどもができるっていう事実があまりにも現実味を帯びてなくて
信じられない気持ち。

そしてやっぱり寂しい気持ち。


でもね、結婚してもこどもができても赤西仁は赤西仁だから。
好きなのには変わらないの。
留学の時も脱退の時も、やっぱりいきつく答えはここなの。
仁が好きなの。これからも応援したいの。

留学することも、アメリカでデビューして音楽を作ることも、
こどもをつくって幸せな家庭を持つことも、全部全部仁の夢だから。
それならいいかなっておもっちゃう盲目なわたしがいるんだよね。
仁が笑顔ならそれでいいのかなって。

EternalもSeasonsもあんなに愛にあふれた歌をつくる仁だもん。
そう。いつも仁の歌には愛が溢れてて、これまでに愛を求めてる人っているのかなって思ったくらい。
だから、きっと愛のあふれる幸せな家庭になるよね。って思ってるんだ。

仁、結婚おめでとう。
幸せになってね。そして幸せにしてあげてね。

おめでとうって言ったらやっぱり現実味が増してなんか寂しい。


信者としては、わりと仁亀はガチだと思ってたんだけどな♥←
これから仁亀妄想できないのかな。あはは。
スポンサーサイト